Ubuntu14.0.4でGoogleChromeが起動しない

問題

VMUbuntuChromeをアップデートしたあとで、 Google Chromeのアイコンを押しても起動しなくなってしまった

コマンドでgoogle-chromeをしたら以下のエラーが

$ google-chrome
[11644:11689:1103/213846.450610:FATAL:nss_util.cc(632)] NSS_VersionCheck("3.26") failed. NSS >= 3.26 is required. Please upgrade to the latest NSS, and if you still get this error, contact your distribution maintainer.
中止 (コアダンプ)

解決方法

askubuntu.com

これらを参考にパッケージをアップグレード

sudo apt-get upgrade
sudo apt-get update

これで開けるようになった

[shingo-virtual-machine ~/git/work] $ google-chrome
ATTENTION: default value of option force_s3tc_enable overridden by environment.
ATTENTION: default value of option force_s3tc_enable overridden by environment.
[18255:18293:1103/215655.013441:ERROR:simple_version_upgrade.cc(164)] File structure does not match the disk cache backend.
[18255:18293:1103/215655.014000:ERROR:simple_backend_impl.cc(659)] Simple Cache Backend: wrong file structure on disk: /home/shingo/.cache/google-chrome/Default/Cache
[18255:18255:1103/215655.772279:ERROR:account_tracker.cc(328)] OnGetTokenFailure: Invalid credentials.
[18255:18255:1103/215655.779440:ERROR:account_tracker.cc(328)] OnGetTokenFailure: Invalid credentials.

Ubuntuのパスワードを求められたので入力したら解決

apt-get参考

qiita.com

VMのUbuntuにWebサーバを立てる

概要

  • 色々苦戦したのでメモ
  • やったこと

  • 1.VM上のubuntupythonで簡易的にweb serverを立ち上げる ポート8181

  • 2.VM内のブラウザで localhost:8181 → 当然見られる
  • 3.ホストPCのWindowsのブラウザで、VMのプライベートIPアドレスを指定して192.168.19.137:8181を見る → これも見られる
  • 4.しかしiphoneからはアクセスできない
  • 5.ルータのネットワーク外からポート8181のアクセスが来た時に、VMのWebサーバに行くようにポートフォワード(ポート開放)する
  • 6.ルータがポートフォワードできるIPアドレスの範囲がVMIPアドレスと違うー
  • 7.なので、VMIPアドレスをポートフォワードできるものに変更
  • 8.ファイアウォールの設定も変更しよう ⇒ ufwで8181のポートをallowに (これ必要だったか不明)
  • 9.まだつながらない → 面倒だから 自宅ルータから直接VMをブリッジで接続しよう
  • 10.出来た iphoneやノートPCのブラウザからUbuntu内のファイルの情報が見られた
  • 11.グローバルIPアドレスを設定して見られないか確認

ここまで2,3日

手順

1.VM上のubuntupythonで簡易的にweb serverを立ち上げる ポート8181

python3の入っている環境で以下の通り、Webサーバ立ち上げる

ポートは8181

$ python3 -m http.server --cgi 8181
Serving HTTP on 0.0.0.0 port 8181 (http://0.0.0.0:8181/) ...

2.VM内のブラウザで localhost:8181 → 当然見られる

f:id:ludwig125:20171028223645p:plain

3.ホストPCのWindowsのブラウザで、VMのプライベートIPアドレスを指定して192.168.19.137:8181を見る → これも見られる

Windows側のブラウザでは上のlocalhostの部分をVMIPアドレスにしたものを表示 - VMIPアドレスはifconfigで取得した(IPV4のもの)

4.しかしiphoneからはアクセスできない

みられない

会社PCからも見られない

pingもtracerouteもVMのアドレスに対してやってもtimeoutする(ホストPCであるWindowsIPアドレスに対しては問題なし)

$ ping 192.168.19.137
PING 192.168.19.137 (192.168.19.137): 56 data bytes
ping: sendto: Host is down
ping: sendto: Host is down
Request timeout for icmp_seq 0
ping: sendto: Host is down
Request timeout for icmp_seq 1
ping: sendto: Host is down
Request timeout for icmp_seq 2

$ traceroute -v 192.168.19.137
traceroute to 192.168.19.137 (192.168.19.137), 64 hops max, 52 byte packets
 1  * *^C

なぜつながらないのか?

あとからもう少しわかることだったが、ここで繋がらなかった理由はこの時点のVMのネットワークの設定がNATになっていて、ホストPC側の設定が正しくなかったからかもしれない

5.ルータのネットワーク外からポート8181のアクセスが来た時に、VMのWebサーバに行くようにポートフォワード(ポート開放)する

家のルータはソフトバンク光の 光BBユニット(EWMTA2.3)だった

そうしたら以下のように言われた

f:id:ludwig125:20171028224431p:plain

転送先IPアドレスに誤りがあります。IPアドレスの範囲内で半角数字で入力してください

6.ルータがポートフォワードできるIPアドレスの範囲がVMIPアドレスと違うー

以下によると、転送先のIPアドレスの範囲が限られているらしく、VMのアドレスと異なるので転送できない・・・

f:id:ludwig125:20171103222942p:plain

7.なので、VMIPアドレスをポートフォワードできるものに変更

以下の方法でVMIPアドレスを、ポート開放できる範囲に変える

実践初級ITブログ VMwareのUbuntuを固定IPにする

もともとのUbuntu
IPアドレス 192.168.19.137
ブロードキャストアドレス 192.168.19.255
サブネットマスク 255.255.255.0
デフォルトルート 192.168.19.2
第一DNS 192.168.19.2


VMのUbuntuのIPを以下に変更
192.168.3.11

f:id:ludwig125:20171103224244p:plain

ifconfigなどでIPアドレスが変わっていることを確認 再度ポート転送を設定すると成功

f:id:ludwig125:20171103224629p:plain f:id:ludwig125:20171028225748p:plain

8.ファイアウォールの設定も変更しよう ⇒ ufwで8181のポートをallowに (これ必要だったか不明)

utfいじる

第76回 Ubuntuのソフトウェアファイアウォール:UFWの利用(1):Ubuntu Weekly Recipe|gihyo.jp … 技術評論社

 $ sudo ufw status    
状態: 非アクティブ
 $ sudo ufw enable
ファイアウォールはアクティブかつシステムの起動時に有効化されます。
 $ sudo ufw status    
状態: アクティブ
 $
$ sudo ufw default DENY
デフォルトの incoming ポリシーは 'deny' に変更しました
(適用したい内容に基づいて必ずルールを更新してください)

$ sudo ufw allow 8181
ルールを追加しました
ルールを追加しました (v6)


$ sudo ufw status    
状態: アクティブ

To                         Action      From
--                         ------      ----
8181                       ALLOW       Anywhere
8181 (v6)                  ALLOW       Anywhere (v6)

 $  sudo ufw allow http
ルールを追加しました
ルールを追加しました (v6)

9.まだつながらない → 面倒だから 自宅ルータから直接VMをブリッジで接続しよう

以下の方法でブリッジに変更した - VMware上のLinux Webサーバに外部からアクセスできるようにする | あみだがみねのもろもろ備忘録

最初はNATに設定されていた f:id:ludwig125:20171028231018p:plain

ブリッジに変更 f:id:ludwig125:20171028230950p:plain

よくよく考えると、VMのネットワークをブリッジ接続にしたので、ゲートウェイDNS サーバーのIPアドレスはルータのIPアドレスが正しいはず なのに、それらがVMIPアドレスを変える前のままになっている 以下は間違い

f:id:ludwig125:20171103224244p:plain

以下が正しい

f:id:ludwig125:20171103224539p:plain

10.出来た iphoneやノートPCのブラウザからUbuntu内のファイルの情報が見られた

f:id:ludwig125:20171103224731p:plain

11.グローバルIPアドレスを設定して見られないか確認

上の接続はあくまで同一ネットワーク内からVMのプライベートIPアドレス 192.168.3.11 に繋いだだけだった

グローバルIPアドレスは ルータの設定が書かれた以下のWAN側IPアドレスでも見られるし、 http://172.16.255.254/settei.html

以下のサイトでも考えられる アクセス情報【使用中のIPアドレス確認】

LAN外のネットワークからはルータのグローバルIPアドレスを設定して、 グローバルIP:8181で外からも接続できた

図で書くとこんな感じだと思う(間違っていないはず・・)

f:id:ludwig125:20171103232200p:plain

pythonメモ

準備

コード規約

pipインストール参考

pyenv

必要なライブラリインストール
$ sudo apt-get install -y make build-essential libssl-dev zlib1g-dev libbz2-dev \
libreadline-dev libsqlite3-dev wget curl llvm libncurses5-dev libncursesw5-dev xz-utils


pyenvのインストール
$ git clone https://github.com/yyuu/pyenv.git ~/.pyenv


$ echo 'export PYENV_ROOT="$HOME/.pyenv"' >> ~/.bashrc
$ echo 'export PATH="$PYENV_ROOT/bin:$PATH"' >> ~/.bashrc
$ echo 'eval "$(pyenv init -)"' >> ~/.bashrc


パスの再読込
exec $SHELL

pyenvの確認

$ pyenv install -l
Available versions:
  2.1.3
  2.2.3
  2.3.7
  2.4
  2.4.1
  2.4.2
多いので省略
  • 3.5.4をインストール
$ pyenv install 3.5.4
Downloading Python-3.5.4.tar.xz...
-> https://www.python.org/ftp/python/3.5.4/Python-3.5.4.tar.xz
Installing Python-3.5.4...
                                                                                                                           Installed Python-3.5.4 to /home/shingo/.pyenv/versions/3.5.4                                                                                        
  • バージョン確認
$ pyenv versions
* system (set by /home/shingo/.pyenv/version)                                                                                3.5.4                                                                                                                    [shingo-virtual-machi
  • バージョン切り替え
$ pyenv shell 3.5.4
$ pyenv versions
  system    [                                                                                           
* 3.5.4 (set by PYENV_VERSION environment variable)

環境変数

os.getenv

os.getenv(varname[, value])

  • 環境変数 varname が存在する場合にはその値を返し、存在しない場合には value を返す

os.environ

例
「host101, host201, host301, host401」
「host_role」というkeyのroleに上記のサーバを登録した場合、roleに登録されたサーバの確認方法は以下のようにする
for role in env.roledefs.keys():
    print env.roledefs[role]

→実行結果
['host101', 'host201', 'host301', 'host401']

文法

リスト(配列)

data = []
for i in range(1, 6):
    data.append(i * 2)

print data

リスト内包表記

data2 = [i * 2 for i in range(1, 6)] print data2

map

mapは配列の各要素に対して関数を実行する

以下はmap(関数, 配列)

data3 = map(lambda x : x*2, range(1, 6))
print data3

実行結果

$ python list.py
[2, 4, 6, 8, 10]
[2, 4, 6, 8, 10]
[2, 4, 6, 8, 10]

リスト内包表記

  • 10以下の奇数を作成する
    • リスト内包表記 のあとにif文でフィルタリングできる
>>> [ i for i in range(1, 11) if((i % 2) == 1)]
[1, 3, 5, 7, 9]

python デコレータ

デコレータ例

  • 関数が実行にかかった時間を表示するデコレータ
import time                                                                                     


def time_log(func):
    def wrapper(*args, **kwargs):
        print("start: " + func.__name__)
        start_time = time.time()
        res = func(*args, **kwargs)
        end_time = time.time()
        print("end: " + func.__name__ , " elapsed time:" + str(end_time - start_time))
        return res
    return wrapper

@time_log
def func1():
    print("Boys, be ambitious")
    time.sleep(3)
    print("Girls, be ambitious")

func1()

実行結果

$ python deco_time.py 
start: func1
Boys, be ambitious
Girls, be ambitious
('end: func1', ' elapsed time:3.00378608704')

serial

どんなタスクも serial を指定すると設定を無視してシリアルで実行します。 http://fabric-ja.readthedocs.org/ja/latest/usage/parallel.html

roles

正規表現

match

文字列のエスケープとmatch - http://python-doc-ja.readthedocs.org/en/latest/howto/regex.html

ホスト名からホスト番号を取り出す

例:
ホスト名:host022101.co.jp
→ 022101を取り出す
host = "adsearch022101.co.jp"
pattern = r"([a-z]*)(\d*)"
m = re.match(pattern, host)
host_num = m.group(2)
print host_num
 
⇒ 022101

辞書

Tips

一つの長い行を途中で折り返す
方法1.バックスラッシュ「\」を使う
test = '%s \
         %s' % ("aaa", "bbb")
 
ただしこれだと 折り返した後の行頭からの空白が出力されてしまう
>>> test = '%s \
...          %s' % ("aaa", "bbb")
>>> print test
aaa          bbb
方法2.括弧で囲う
test2 = ('%s '
         '%s' % ("aaa", "bbb"))
 
これなら余計なスペースは入らない
>>> test2 = ('%s '
...          '%s' % ("aaa", "bbb"))
>>> print test2
aaa bbb
 
 
これでも大丈夫
test2 = ('%s '
         '%s' 
         % ("aaa", "bbb"))

>>> test2 = ('%s '
...          '%s'
...          % ("aaa", "bbb"))
>>> print test2
aaa bbb

GUI

参考:実践力を身につける Pythonの教科書 | マイナビブックス

Tkinter

import tkinter.messagebox as mb

ans = mb.askyesno("question", "Do you like nooble")

実行

$ python3 dialog.py

最初失敗

$ python3 dialog.py
Traceback (most recent call last):
  File "dialog.py", line 1, in <module>
    import tkinter.mesagebox as mb
  File "/usr/local/lib/python3.6/tkinter/__init__.py", line 36, in <module>
    import _tkinter # If this fails your Python may not be configured for Tk
ModuleNotFoundError: No module named '_tkinter'
$ sudo apt install python-tk tk-dev
$ pyenv install 3.5.1

再度実行

$ python3 dialog.py

f:id:ludwig125:20171021230910p:plain

Webサーバを立てる

参考:実践力を身につける Pythonの教科書 | マイナビブックス

pythonでWebサーバを起動

8181ポートでWebサーバを起動してみる

python3 -m http.server --cgi 8181

詳細はこちらに記載

ludwig125.hatenablog.com

Webサーバとして、URLのパラメータの値を取得する

参考:実践力を身につける Pythonの教科書 | マイナビブックス

chap5/5-2/cgi-bin] $ cat show-params.py 
#!/usr/bin/env python3

import cgi

# header
print("Content-Type: text/html; charset=utf=8")

print("")

print("<pre>")
# URLパラメータを取得する
form = cgi.FieldStorage()

# 特定のパラメータを取得して表示
mode = form.getvalue("mode", default="")
print("mode=", mode)

# すべてのパラメータを取得して表示
print("--- all params ---")
for k in form.keys():
    print(k, "=", form.getvalue(k))                       

cgi-binより上のパスでWebサーバ起動

chap5/5-2] $ python3 -m http.server --cgi 8181
Serving HTTP on 0.0.0.0 port 8181 (http://0.0.0.0:8181/) ...
192.168.3.2 - - [31/Oct/2017 23:51:32] "GET /cgi-bin/show-params.py?mode=test&n=30&q=500 HTTP/1.1" 200 -

f:id:ludwig125:20171101000253p:plain

インスタンス

クラスのオーバーロード

class Pos:

    def __init__(self, x, y):
        self.x = x
        self.y = y

    def __add__(self, other):
        x2 = self.x + other.x
        y2 = self.y + other.y
        return Pos(x2, y2)

    def add(self, other):
        # オーバーロードではなく関数呼び出しで同じ結果を得ることができるか・・?
        x2 = self.x + other.x
        y2 = self.y + other.y
        return Pos(x2, y2)

    def __str__(self):
        return "{0}, {1}".format(self.x, self.y)


p1 = Pos(10, 20)
p2 = Pos(100, 400)

p3 = p1 + p2 # +演算子をオーバーロードした__add__を使う
print(p3)

p3 = p1.add(p2) # 上記のp1 + p2 はこれと同じこと
print(p3)

結果

$ python3 pos-add2.py
110, 420
110, 420

テスト

unittest

pytest

  • 参考:Python testing 勉強会(1) pytestを使ってみる
インストール
flake8入れる
flake8
sudo easy_install-2.7 flake8
pip入れる
pip
sudo easy_install-2.7 pip
pytest入れる
sudo pip install pytest

pytest実行

-v

pytestに「-v」を付けると差分が詳細表示される --caputure=no --caputure=no でテスト中のprint文などを出力する

monkeypatch

http://thinkami.hatenablog.com/entry/2017/03/07/065903 https://docs.pytest.org/en/latest/monkeypatch.html http://niwaringo.tumblr.com/post/66948561978/pytest%E3%81%AEmonkeypatch%E3%82%92%E4%BD%BF%E3%81%A3%E3%81%A6urllibrequest%E3%81%AE%E3%83%A6%E3%83%8B%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%86%E3%82%B9%E3%83%88%E3%82%92%E3%81%99%E3%82%8B

vimメモ

vimrcメモ

.vimrcの設定メモ - ludwig125のブログ

vim参考

http://uguisu.skr.jp/Windows/vi.html

現在の設定を出力する — 名無しのvim使い

自分のメモ

ビジュアル矩形モード

  • ubuntuのterminalを使っていて、ビジュアル矩形モードがCtrl+vでできないので悩んでいたけど、Ctrl+Shift+vに割り当てられていた
  • Terminalの設定でペーストを デフォルトのCtrl+Shift+vからCtrl+v に変えたことが関係しているんっだろうか。。? とりあえずこれでやって今度調べようかな

UbuntuのTerminalのショートカットキーを変更する

やりたいこと

UbuntuのTerminalデフォルトのショートカットキーでは

コピー:Shift+Ctrl+c

ペースト:Shift+Ctrl+v

となっているので、使いやすいように変える

 

変えるところ

Terminalの「編集」→「キーボードショートカット」を開く

Ctrl+cをコピーにしてしまうとプロセスを中断できなくなってしまうので、

使っていない「caps lock」を代わりに使うことも考えたが、結局わかりやすい「Ctrl」を使うことにした

f:id:ludwig125:20171006224627p:plain

 

Ubuntuの環境にpythonをインストールする

以下のURLからdownload

https://www.python.org/downloads/

そのあと以下の手順でインストール

Linuxに好きなバージョンのPythonをインストールする方法 - AkicanBlog

ls
$ cd (解凍したPythonのフォルダ名)
sudo ./configure
sudo make
sudo make install

以下のようなエラーが出たので-Hを使う

The directory '/home/shingo/.cache/pip/http' or its parent directory is not owned by the current user and the cache has been disabled. Please check the permissions and owner of that directory. If executing pip with sudo, you may want sudo's -H flag.
The directory '/home/shingo/.cache/pip' or its parent directory is not owned by the current user and caching wheels has been disabled. check the permissions and owner of that directory. If executing pip with sudo, you may want sudo's -H flag.
Requirement already up-to-date: setuptools in /usr/local/lib/python3.6/site-packages
Requirement already up-to-date: pip in /usr/local/lib/python3.6/site-packages

できたみたい 

$ which python3
/usr/local/bin/python3

なぜか2.7しか認識されていない

$ python --version
Python 2.7.6 

 ただ、python3のパスはとっている

$ which python3
/usr/local/bin/python3

 

Android 6.0.xで「画面オーバーレイを検出」と出て解決できない

色々検索してもブルーライトフィルターを使っている場合しか出ないので困っていた。

自分の場合、Biscuitという英単語帳を常駐させていたためできなかった。

はあ。こんなのに時間取られた